「ほっ」と。キャンペーン

VOCE企画 『8人の女たち』

VOCE企画、W受賞!!

今回の「8人の女たち」は
関西芸術座という大阪の老舗劇団主催の演劇祭に参加していたのですが、
その後夜祭が先日関芸スタジオ(はい、芝居を上演した劇場ですね)
で行われました。
参加団体の人たちが集まって、わきあいあいって会なのですが、
それだけではなく、授賞式が行われたのでした。

演劇祭当初から「賞を出します」と聞いていたのですが、
「ほんまかいな」と疑っていた私。
とにかく「チラシコンテスト」は、やっていたので
(しかし、演劇祭途中からだよ・・・)
「これだけは獲るぞ」と、自らVOCEのチラシに投票したのでした。

結果

やった~~
「天神の森演劇祭」の「森賞」を受賞しました!!

森賞って何?

劇場空間の使い方がすぐれていた作品に与えられた賞だそうです。

見に来ていただいた方は
「うんうん」と、うなづいたのでは?
舞台はこんな具合

e0205109_23164964.jpg


幕もなく、パネルもなく
私たちは姿をお客様にさらし続け、
ほとんどのキャストが出づっぱり。
この舞台の使い方もユニークだったし、
さらにいろいろ仕掛けがあり、
頂いてみれば、「なるほどね」の受賞でした。

私たちは全く予想していなかったので
ビックリしたし、嬉しかったです。
あざを作った甲斐がありましたあぁ~~

e0205109_23221750.jpg
e0205109_23224918.jpg

そして、執念(!?)のチラシコンテスト。
こちらも無事に1位をいただくことができました!

公演に参加してくださった皆さん、
出演者、スタッフ、
そしてお客様、
に感謝いたします。
ありがとうございました。

関西芸術座の「天神の森演劇祭」
実行委員の皆さん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

では、では、
今年VOCE企画を応援してくださった方、
そうでない方も、
良いお年を

☆つづみ☆
[PR]



# by voce_kikaku | 2010-12-29 23:36 | 山本つづみ

公演情報

e0205109_1654035.jpg

VOCE企画 vol.4 8人の女たち

作/ロベール・トマ
訳/和田誠一
演出/ウォーリー木下(sunday)

海外の名作戯曲を積極的に紹介しているVOCE企画、今回は映画化もされたフランスの傑作「8人の女たち」に挑戦。演出にsundayのウォーリー木下を迎え「普通じゃない」密室を作り出す。

2010年12月3日(金)~5日(日)
関芸スタジオ

予約はこちらをクリック!

詳細をみる
[PR]



# by voce_kikaku | 2010-12-05 23:59

楽屋の姉妹

e0205109_113662.jpg


長かったような、いや、劇場に入ってからは「あっ」と言う間。
明日はいよいよ楽日です。

舞台ではけんかしたり、けんかしたり、けんかしたりの
8人ですが、
楽屋では、みんな仲良くやっています。
(いや、実は舞台でも、めっちゃ心通わせているんだけど・・・)

いつの間にか、シュゾン(みづほちゃん)とキャトリーヌ(ピンクちゃん)が
めっちゃ姉妹のようになっていた。

で、明日でピエレットともお別れな私。
寂しいです。
たっぷりやりたいところですが、
演出よりテンポアップとのダメだしが・・・
テンポアップして、充実させて演じきろう!

では、明日、劇場で!!

☆つづみ☆
[PR]



# by voce_kikaku | 2010-12-05 01:20 | 山本つづみ

ウォーリーの八人の女優紹介「小さい頃一緒に育ったのなら」(和泉敬子さん)

このシリーズもついに最後。公演は二日目を迎え、いまは開演前。
今回の8人の女優の最年長。いづみさん、けいこさん、おばあちゃん、マミーの4種類の呼び方をしてる。ベテラン中のベテラン、年季がありすぎて、僕にはもう雲の上。正直、最初緊張してた。しかし、ふたを開けてみると八人の中で誰よりもフランクで、そして誰よりも若く、誰よりも「天然ボケ」である。
信号待ちをしてるとき「青になるまでお待ちください」という機械の音声を「春になるまでお待ちください」に聞き間違え、「青ですよ」と言うと、「ああ良かった、春まで待ってたら死んでまうねー」と真面目な顔で言うおばあちゃんである。そんなエピソードが毎稽古聞ける。(年清由香という女優がいるのだけど、彼女と似てるといえば知ってる人には伝わるかと)
よく僕らは「あんまりぼけとると年とってからどっちかわからんくなるでー」と言うが、あれは案外嘘で、いづみさんを見てると、確実に「ぼけにきてる」ことがわかる。理性のあるぼけを、それもかなり面白いぼけを、してくるので、こっちとしては、心配するどころか、もう少しブレーキかけたほうがいいんちゃいまっかと、いつの間にか雲の上の人につっこんだりしてる。そして彼女は、わはは、と笑ってる。僕は昔、中島らもさんに一度だけ会ったことあるんだけど、そのときの、わはは、を思い出す。

面白おかしく、そして「きちんと得るものと失うものを勘定してきた」人生を生きてきた人だけだできるわはは笑いがあるのかもしれない。
こんなに可愛らしいおばあちゃんが自分にもいて、小さい頃一緒に育ったのなら、おそらくもう少し「まともな」人間になれたのではないだろうかと錯覚する。多分皆そう思うと思う。だから今からでも遅くはないと、彼女の前では子供になる。そして遊ばせてもらう。そういう意味では「8人の女たち」のメンバーにとっての本物のおばあちゃんなのだ。しかし客観的に観れば一番遊んでるのは、いづみさん、本人だったりしてそれが面白い。

演技に関しては本番を見てもらえたらその実力はわかると思うのでここでは省略。
[PR]



# by voce_kikaku | 2010-12-04 18:39 | ウォーリー木下

12月4日の当日券情報

12月4日15:00の回、19:30の回、ともに当日券をご用意しております。
安心してお越しください。


<残席情報>
◎・・・まだまだ余裕があります
○・・・若干、余裕があります
△・・・混雑が予想されます
×・・・残席がほとんどありません

5日11:00 ◎
5日15:00 △

※当日券は、全ステージご用意する予定ですが、当日の朝にtwitter・blogなどで確定情報を掲載させて頂きます。そちらかお電話でご確認いただけましたら、最新の情報をお伝えさせて頂きます。

明日以降の予約はこちらから
[PR]



# by voce_kikaku | 2010-12-04 15:19 | 制作部

今年のVOCE企画は、ウォーリー木下×女優8人×サスペンス。 名作戯曲「8人の女たち」を、スリリングかつポップに描く。 雪に閉ざされた大邸宅で起こる謎の殺人事件。8人の女たちが行き着く結末は!?
by voce_kikaku
プロフィールを見る
画像一覧

VOCE企画 『8人の女たち』

VOCE企画 vol.4
「8人の女たち」

作:ロベール・トマ
訳:和田誠一
演出:ウォーリー木下(sunday)

出演:
末永直美
山本つづみ
杉江美生
安元美帆子
芦田深雪
ピンク地底人2号
上松みづほ
和泉敬子

日時:12月3日(金)~5日(日)
3日(金)15:00/19:30
4日(土)15:00/19:30
5日(日)11:00/15:00

料金:一般3,000円
    当日3,500円
    学生2,000円
    学生当日2,500円

会場:関芸スタジオ
〒557-0042
大阪府大阪市西成区岸里東2-10-2
TEL/06-6661-2112
FAX/06-6661-2060
E-mail kangei@os.urban.ne.jp

http://tenjinnomori.web.fc2.com

ブログパーツ

最新の記事

VOCE企画、W受賞!!
at 2010-12-29 23:36
公演情報
at 2010-12-05 23:59
楽屋の姉妹
at 2010-12-05 01:20
ウォーリーの八人の女優紹介「..
at 2010-12-04 18:39
12月4日の当日券情報
at 2010-12-04 15:19

検索

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧